出典:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 
ディーラーでは30 万円の下取りが、
買取業者では80 万円になることも
多々あります。
 
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10 社が
 
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。
 

 

マツダCX-5を購入しようかどうか迷っている。欲しいと思える決定的なインパクトが必要。
そんな人はCX-5を直接試乗して、その素晴らしさを味わうのが近道だと思います。

 

実際に試乗する際のポイントについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

CX-5 試乗レポート

 

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

 

まずCX-5フルモデルチェンジから1年足らずでエンジンのバリエーションが変わりました。

 

この部分がマツダらしさといえばマツダらしさ。マイナーチェンジでも、インテリアの変更がフルモデルチェンジと同じぐらいの規模で行われたり、エクステリアがマイナーチェンジにもかかわらず全く別のイメージになったりします。

 

そんなマツダですから、エンジンのバリエーションが変わったからといって驚くことはありませんが、Aただエンジンのバリエーションが変わっただけではありません。

 

変更を加える上で、細かな微調整を行っているのがマツダ。

 

特にエンジンのプログラミングは変更された今、そのフィーリングは大幅に変わっているのは間違いないと思います。

 

データを見るだけでも従来モデルよりもパワー&トルクをましたエンジン。その魅力と実際に乗ってみて気になった部分をレポートしていきたいと思います。

 

初代 CX-5は散々触っていた

 

マツダとの関わりが深かった筆者。実は初代の CX-5は散々触っていました。

 

旧型モデルでも大変魅力的なものがありましたが、新型モデルではさらにその魅力がアップ。

 

デザインを見る限りその車体が大きくなったように思えますが、実は初代のモデルと大きさその者に変わりはありません。

 

全高が少し低くなったのが現在の新型モデル。大きさ自体は変わっていないのですが、 車の取り回しに関してはだいぶ楽になりました。

 

初代モデルと、新型モデルでは全く別物と言っていいほどブラッシュアップされています。

 

最近のマツダ車では、1年おきにテコ入れを入れるというのがに通例になっていて、当然ながらその過程でエンジンラインナップも変更されました。

 

ここまで大きな変更があるとは思っていませんでしたが、マツダの自動車にかける情熱をひしひしと感じるマイナーチェンジになりました。

 

実はブラッシュアップされた商品が定期的に出てくるせいで【一体マツダ車買い時はいつなのか?】そんなユーザーからの不満もあります。

 

CX-5を購入してから、手元に届くまでの間に2ヶ月から3ヶ月の時間を要します。

 

その間にマイナーチェンジが入った場合、もちろん最新モデルが自分の手に届くものの、その間納車時期は伸びる傾向があります。

 

3月8日に行われたビッグマイナーチェンジの際も、その前に購入された方が注文していた車が生産ラインに乗って、急遽エンジンラインナップとプログラミングの変更を受けた場合、納車が注文から半年以上経ってしまったという例もあるぐらいです。

 

しかしそれを差し引いても、マツダの車の情熱というものは評価できるものがあります。

 

マツダの日本国内での販売の約2割が CX-5になっています。世界全体で見た時は世界で販売されている4台に1台がCX-5。

 

今回試乗してみてその魅力に迫っていきたいと思います。

 

やっぱりディーゼルエンジンがいい!!

 

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

 

試乗したのは人気であるディーゼルエンジンを搭載したモデル。

 

XD L Package 4WDです。

 

ディーゼルエンジンの中でもこのXD L Package 4WDはフラッグシップモデル。

 

当然値段も新型CX-5の中で一番高いモデルとなっています。

 

このモデルのディーゼルエンジンは、当然マイナーチェンジ後のエンジンでした。

 

このエンジンも従来型と比べると【本当に同じものなのか?】というほどの変更を受けています。

 

新ディーゼルの機能としては、 実用燃費の改善。排ガスのさらなる浄化。静粛性の改善。低中速トルクの改善。高回転の伸びの特性を改善。

 

これだけ並べてもマイナーチェンジなのかと思えるほどの内容になっています。

 

初代を思い出させる内容

 

出典:http://www.mazda.co.jp/

 

散々乗り回した初代モデル。

 

今回のマイナーチェンジを受けた後のモデルは、 CX-5の初代モデルを連想させるエンジン特性になっています。

 

初めてマツダの CX-5と呼ばれる車に乗った時、当然ながら初代モデルでありましたが、 その強烈なトルクと、加速性に驚いたものです。

 

しかもアイドリングしている時にあるディーゼル特性のカラカラ音もありましたが、室内の静粛性に驚いたのを覚えています。

 

同時期に発売されていたエクストレイルのクリーンディーゼルや、今でも発売されている三菱D5のクリーンディーゼル。

 

それとは比べるのも愚かなほどの質感に衝撃を受けたものです。

 

その中でもやはり一番びっくりしたのがエンジンのトルク感。

 

今回のマイナーチェンジでまさにその時の感覚が蘇るような衝撃を受けました。

 

初代モデルと違うところは

 

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

 

今回の新型モデルのマイナーチェンジに限らず、2代目のCX-5の驚く部分は、やはりシャシー剛性。

 

初代と2代目を乗り比べてみると、明らかにこの部分が違います。

 

またそれに伴って、 「G-ベクタリングコントロール」の恩恵を感じることができます。

 

じゃじゃ馬とは行かなくても、トルク感と高回転の伸びを手に入れたことで、スポーツカーとはいきませんが心地よく走ることができる車になっていることは間違いありません。

 

それでいて燃費もいいとなれば、この車に魅力を感じない理由がありません。

 

スポンサーリンク

CX-5 試乗評価

 

旧型モデルと新型モデルを比べると、先ほども言いましたがシャシーの剛性感が全く違います。

 

初代モデルが発表された時、発表されてすぐに乗る機会を得たのですが、正直なことを言うとマツダがはっきり変わったなと思えたマツダデミオの3代目 DE系ほどの衝撃はありませんでした。

 

初代デミオ

出典:http://www.mazda.co.jp/

 

マツダデミオ3代目 DE系は乗った瞬間からそのコンパクトカーらしからぬシャシー剛性とハンドリングに驚いて、それを期待して乗ってみたのですが、 いい意味で裏切られたという感覚がありました。

 

期待していたのはマツダデミオ3代目 DE系のようなはっきりとわかるような剛性の特性だったのです。

 

しかしそこまでとはっきりした印象は残らなくて、当時の初期型CX-5に関しては、ライバルであったエクストレイルよりは魅力を感じるような車ではありませんでした。

 

しかし今回の新型 CX-5は印象がまるで変わってしまいます。

 

やはりその試乗評価のポイントは、新型のディーゼルエンジン。

 

マイナーチェンジ前の2代目CX-5も高評価はできたのですが、それを忘れてしまうぐらいの仕上がりになっています。

 

スポンサーリンク

CX-5 試乗のポイント

 

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

 

一番感じてもらいたいのは、この車がエクステリアデザインだけではなく、走りもきちんと評価できるというところ。

 

購入者の口コミなどを調べていると、ほとんどの購入者がエクステリアデザインのことを言うけど、走りの方も大満足できる車になっています。

 

それをきちんと証明するためにも、試乗する際はポイントを押さえて「あぁ、確かに。」と実感してみてもらいたいと思います。

 

試乗のポイントは、やはりエンジンの特性と足回り

 

ガソリンエンジンも変更され、当然ながらディーゼルエンジンの方も手が入りましたが、実はマイナーチェンジ後に大幅に変動した人気車があります。

 

そのモデルは20Sプロアクティブです。

 

実はCX-5に用意されている2.0リッターエンジンに4WDの設定はありません。

 

しかし売れているものをランキングにすると、実はこの20Sプロアクティブが3位にランクインしているのです。

 

 

売れ筋の1位と2位は当然ながらディーゼルエンジンなのですが、今まで人気3番目にいた25S・Lパッケージが4位に後退して、3位に20Sプロアクティブが来たのです。

 

これを分析すると、やはり2リッターエンジンでも必要十分とされる一方で、「FFでも問題ない。」と評価されたことが大きいです。

 

これは足回りのセッティングや6ATのセッティングでFF車と4WD車の差がわからなくなるぐらいになった。という部分が大きいです。

 

このことは様々な【試乗レポート】や【試乗記】を見ても分かるのですが、 プロの評論家であろうと、素人であろうと、はっきりとわかるほど進化しています。

 

試乗するポイントはその部分。

 

足回りと、6ATのセッティングをきちんと感じることが大事です。

 

その上で、【ハンドリング】に関してもきちんと評価していきましょう。

 

「SUVではなくハッチバックではないのか?」

 

そういう評論家も出るほどのハンドリング。

 

試乗した際はあなたの感覚できちんと確認してみましょう。

 

試乗する際は、ディーラーマンからきちんと「G-ベクタリングコントロール」の説明を受けてから試乗するようにしましょう。

 

説明を聞いてから乗るのと、説明を聞かないで乗るのでは印象が大きく違います。

 

やはり「G-ベクタリングコントロール」がどのような働きをしているのかをきちんと理解した上で新型 CX-5を乗ると、感動が違います。

 

きちんと「G-ベクタリングコントロール」の説明を受けているからこそ、「こういう場面で「G-ベクタリングコントロール」が効果を発揮するんだ。」と自分の中で納得がいくと、 CX-5の評価も全く変わったものになってきます。

 

試乗する際は必ず「G-ベクタリングコントロール」の説明をきちんと受けてから乗ってみましょう。

 

新型 CX-5のライバルである、トヨタ・ハリアー、日産・エクストレイル、スバル・フォレスターと比べても、現時点ではCX-5が一番バランスの良い車であると評価出来ます。

 

あなた自身でお確かめ下さい。

 

何故CX-5が一番バランスの良い車であると評価出来るのか?

 

最近のディーゼルエンジンの中で衝撃を受けたのはやはり先代モデルの日産・エクストレイルのクリーンディーゼルを搭載したモデル。

 

あのトルク感には驚きましたが、なにせディーゼル特有のカラカラ音が室内にも侵入してきて運転手に「ディーゼルエンジンを運転しているんだ。」ということを強迫的に押し付けてくるものがありました。

 

それと同様に、クラスは違えど三菱のD5も助手席側のディーゼルの音は抑えられているものの、運転席側で運転している時のディーゼル音というのは、やはり耳につくものがありました。

 

その後に乗ったCX-5。初期型モデルも現行型モデルもほとんどディーゼルエンジンであるというのは感じさせず、運転していても「ディーゼルエンジンを運転しているんだ。」という強迫感はありません。

 

この点で「とても紳士的。」といえるCX-5なのですが、新型のマイナーチェンジ後に新しくなったディーゼルエンジンはさらに静粛性が増し、ディーゼルエンジンに乗っているんだという感覚すらない程の洗練さになりました。

 

しかも強烈なトルク感はさらに向上し、「乗っていてとても楽しい車。」そう仕上がっていることに間違いはありません。

 

1度乗ってしまうと、感動すら覚えることもできる新型CX-5。

 

好きになる理由はどうであれ、絶対にオススメできる1台になっています。

あなたのクルマが値引き金額から更に50 万円安くなる方法

「このクルマ、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、クルマの購入を検討しているけど
悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、
買取業者では80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク
おすすめの記事